2011年09月10日

フライジリティーについて

我がクラブはフライボールの他にフライジリティーという競技の練習も行っています。フライジリティーという競技、ニュージーランド等で行われている競技だそうですが、日本ではまだ一般にはあまりなじみなのないドッグスポーツだと思います。

フライジリティーは簡単に説明すると、アジリティーとクラフト式(ポップアップ式)フライボールを合わせたような競技です。フライジリティーはアジリティーで使用する各障害とクラフト式ボックスを使用します。まず、犬はハードル等の障害を指定された順番に通過し、クラフト式ボックスのペダルを踏ませて犬にボールを咥えさせる。そして犬はボールを咥えたまま戻りの障害を指定された順番に戻る、そんな競技です。
フライジリティ.jpg
フライジリティー練習風景。モデルはアレサちゃん。

フライボールと違うのは原則として並走が出来るということ。そしてアジリティーと同じように事前にコース検分の時間があります。

まだまだマイナーなフライジリティーですが、2011年2月2日、3日にナゴヤドームにおいて日本で初めて競技会が行われました。余談ですが、うちのななは3日に行われたもっとも難しいアドバンストクラスで1位でした。

来年2012年1月21、22日にもナゴヤドームにおいて第2回フライジリティー大会が行われる予定になっています。フライジリティーに興味を持った方がいましたら、ぜひナゴヤドームに出てみてくださいね。リード付き可のクラスもあり初心者でも参加出来ます。


現在、フライジリティーはドッグスポーツジャーナルを発行している新ジャーナル社内「ドッグスポーツ愛好会」が主催して行っています。ルール等フライジリティーについて質問がありましたら、「ドッグスポーツ愛好会」に問い合わせて下さい。

わたしも、ナゴヤドームの第1回フライジリティー大会に関わってきたのでフライジリティーについてはよく知っているほうだと思います。コメント、メールなど気軽に聞いて下さいね。わたしに分かることであればお答えします。
posted by ななパパ at 08:08| Comment(2) | フライジリティーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする